素敵な女性のカテゴリ記事一覧

健康と美容は、人生のすべて......Youtube動画を中心に健康と美容に役立つ情報を配信しています。あなたの健康と美容に役立ち素適な人生にして下さいね!            john

カテゴリ:素敵な女性

素敵な女性のカテゴリ記事一覧。健康と美容は、人生のすべて......Youtube動画を中心に健康と美容に役立つ情報を配信しています。あなたの健康と美容に役立ち素適な人生にして下さいね!            john
大好きな私の母!

素敵な女性
 【大好きな私の母!】私を大学に通わせてくれた母へあなたは私を生むまでずっと父の暴力に苦しんでいましたね。私が生まれた時、あなたは泣きながら喜んだんですね。私…

記事を読む

今を大切にしょう

素敵な女性
『今を大切にしょう』自分がしてきたことの結果が今の人生を作って今することの積み重ねが未来を作り出していくだからどうなるかわからない先のことに心を痛めるよりもう…

記事を読む

『あなたが亡くなって』

素敵な女性
『あなたが亡くなって』あなたは私と息子をおいて40歳の若さで逝ってしまいましたね。あなたが亡くなって最初の私の誕生日8歳の息子とささやかにお祝いしました。クリス…

記事を読む

大好きな私の母!

103126885_3632461730102447_204801826934899183_n.jpg

 【大好きな私の母!】

私を大学に通わせてくれた母へ

あなたは私を生むまでずっと父の暴力に苦しんで
いましたね。

私が生まれた時、あなたは泣きながら喜んだんですね。

私が一歳の誕生日に、借金を抱えたまま
父が自殺しましたね。

借金を返すために昼はパート、夜は居酒屋で仕事の
毎日でしたね。

保育所では遠足のおやつは雑穀のおはぎでしたね。

小学校の給食費を払えない月もありましたね。

修学旅行のお土産はご当地キーホルダーだけでしたね。

中学の制服は親戚のおさがりでしたね。

高校のお弁当はいつもご飯に梅干しと海苔でしたね。

無理を承知で大学行きたいと頼んだ時
あなたは反論しませんでしたね。

ごみ処理場から捨てる予定の参考書をもらいに
行きましたね。

お金がかかるから私立は受けられず
国立専願受験でしたね。

センター試験の前日には初めて
特上寿司を食べさせてくれましたね。

センター試験に失敗したけど、あなたは最後まで
諦めないよう励ましてくれましたね。

前期にに落ちて、一度私は自殺しかけましたね。

あなたは怒ることもなく
ずっと私に謝り続けていましたね。

私はあなたにずっと謝り続けましたね。

そして、私は気持ちを切り替えて後
私はその後も頑張って勉強して

なんとか後期に合格することが出来ましたね。

あなたはずっと「おめでとう、おめでとう」と
泣き続けてくれましたね。

でもあなたは入学の準備の時に
急に倒れて病院に運ばれましたね。

医者が、癌が全身に転移していてこれから
一週間が峠だと告げましたね。

私はただただ泣き続けている時にあなたは

「この体の傷や癌の一つ一つが
あなたを育てあげた立派な勲章なのよ」

と微笑みながら言いましたね。

あなたは最後まで泣くことも苦しむこともなく
静かにこの世を去りましたね。

今医者になるために毎日一生懸命に勉強していますよ。

あなたの命を奪った癌に苦しむ人々を治療して
助けたいから

私が育った環境は決して恵まれてはいなかったけれど

あなたに生まれ、育てられて本当によかったよ。

ありがとう。お母さん。
 カテゴリ
 タグ

今を大切にしょう

67385570_2370590733184347_5190688785779654656_n.png

『今を大切にしょう』

自分がしてきたことの結果が

今の人生を作って


今することの積み重ねが

未来を作り出していく

だから

どうなるかわからない先のことに

心を痛めるより

もうすんでしまったことを

悔しがるより

刻々と移り変わることがらを受けいれて

今を楽しんで生きてくことが

いっちばん、大事!


胸躍る未来のためにも

貴重な今を大切にしょう。

私たちの生きているこの世で起きることには

すべて原因がある

これが「因」です。

起こった結果が「果」です。

因果応報というように

必ず結果はくるのです。

〜瀬戸内寂静)〜
 カテゴリ
 タグ

『あなたが亡くなって』

61950434_2773874485961180_4087843430158303232_n.png


『あなたが亡くなって』

あなたは私と息子をおいて40歳の若さで
逝ってしまいましたね。


あなたが亡くなって最初の私の誕生日
8歳の息子とささやかにお祝いしました。


クリスマスの日には、私がサンタクロースになって
プレゼントを息子の枕元に置きました。


桜の季節
あなたを思い出し、涙がでました。


息子が小学校を卒業するとき
あなたの写真をバッグに忍ばせて
私の膝の上で一緒に卒業を見届けましたね。


中学生になると、なかなか言うことを
聞かなくなってきましたが
「あなたの子だから大丈夫」と自分に言い聞かせ
子供を信じました。


中学が終わるころには優しい子に
育っていました。


高校時代はアルバイトしながら
塾にも通っていました。


無事に希望の大学に合格し、東京で
一人暮らしを始めました。


私は一人ぽっちになりました。


それでも仕送りをしなくてはならないので
朝から晩まで働きました。


大学を卒業し、就職。


やっと私も役目を果たしたと思い
仕事の量を少し減らすことができました。


数年後
息子は結婚し、子供が生まれました。


私たちの孫です。


孫は格別にかわいいと言いますが
本当です。


今度は孫のためにと
また仕事を増やしました。


この歳になって、ようやく気付きました。


なぜあなたがあんなになるまで
一生懸命働いていたのか。


なぜあなたが
お金にケチケチしていたのか。


すべて家族のため
守る者のためだったのですね。


あなたの元へ何回行こうとしたことか。


本当に辛く苦しい日々だった。


でも
生きることをやめないで良かった。


あなたの元へまだしばらく、いけませんが
寂しがらずに見守って下さい。


今でもあなたを愛しています。
 カテゴリ
 タグ
Copyright © アラフォーのための健康と美容に役立つ総合情報! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます