美容関連のカテゴリ記事一覧

健康と美容は、人生のすべて......Youtube動画を中心に健康と美容に役立つ情報を配信しています。あなたの健康と美容に役立ち素適な人生にして下さいね!            john

カテゴリ:美容関連

美容関連のカテゴリ記事一覧。健康と美容は、人生のすべて......Youtube動画を中心に健康と美容に役立つ情報を配信しています。あなたの健康と美容に役立ち素適な人生にして下さいね!            john
『ニキビ』と『吹き出物』言い方の違いは年齢?

美容関連
『ニキビ』と『吹き出物』の違い肌にニキビや吹き出物が出来ると、気になりますよね?『ニキビ』と『吹き出物』・・・違いは何なのでしょうか?『ニキビ』も『吹き出物』…

記事を読む

★乾燥肌で悩み続けているあなたへ・・・★★

美容関連
★乾燥肌で悩み続けているあなたへ・・・★★保湿力重視でつくられたナノ(1角層まで)浸透オールインワンゲル誕生2017年モンドセレクション金賞受賞CREAL(ク…

記事を読む

【夏を制する者はたるみを制す!】

美容関連
【夏を制する者はたるみを制す!】暑い夏こそ一発逆転!この時季、暑くてスキンケアは億劫ですよね?「夏はさっぱりローションだけ」という方は要注意ですスペード夏はたるみ解…

記事を読む

『ニキビ』と『吹き出物』言い方の違いは年齢?

pixta_22033252_S.jpg

『ニキビ』と『吹き出物』の違い

肌にニキビや吹き出物が出来ると、気になりますよね?
『ニキビ』と『吹き出物』・・・違いは何なのでしょうか?



『ニキビ』も『吹き出物』も俗称

実は、『ニキビ』も『吹き出物』も専門的には『尋常性挫創』という皮膚疾患なのです
どちらも俗称で、一般的には特に10代に出来るものを『ニキビ』、
それ以外のものを『吹き出物』と呼ばれています


このように年齢によって呼び方が使い分けられていますが、
『尋常性挫創』という皮膚疾患として一括りにされているように、
メカニズムには共通点があります




尋常性挫創とは?

『挫創』とは、
皮脂が毛穴に詰まった状態・・・『面皰(めんぽう)』初期の発疹
紅色丘疹(赤いぶつぶつ)、膿疱(水ぶくれが膿んだもの)、
更に悪化したものの嚢腫(のうしゅ:皮膚の下に膿が溜った袋が出来た状態)、
硬結(硬く大きく触れる状態)が作られる慢性的な皮膚疾患のことを指します


挫創は、炎症が治まった後に皮膚が凹む・盛り上がる・色素沈着するなど、
跡を残す場合もあります


挫創には何種類かありますが、思春期以降に発症し、顔面や胸・背中に出来るもので、
内分泌的な因子の角化異常(皮膚の角質が異常に厚くなる)や、
細菌の増殖などの要因が複雑に絡み合って起こるものを『尋常性挫創』といいます



また特に、尋常性挫創の中で、成人以降になってから出来るものを、
『思春期後挫創』といいます
いわゆる「吹き出物」や「大人ニキビ」と呼ばれるものです




『ニキビ』と『吹き出物』の違い

尋常性挫創は、皮脂が過剰に溜った毛穴の中で、アクネ菌などの細菌が異常に増殖し、
炎症を起こすことが原因で起こります


これは、思春期のニキビも吹き出物も同じです
しかし、思春期に出来るニキビと、成人以降にできる吹き出物では、
皮脂が過剰に分泌される原因に違いがあります



思春期などにできるニキビ

思春期になると、ホルモンが活発に分泌されるようになります
この影響を受けて、思春期には皮脂量が増えやすくなります
その結果、毛穴に皮脂が溜り、ニキビの原因となります


中でも、鼻やおでこなどは特に皮脂量が多い場所のため、
いわゆるTゾーンにニキビが出来やすくなります



吹き出物(思春期挫後創)

思春期のニキビとは違い、吹き出物に大きく関係しているのは、
肌の新陳代謝である『ターンオーバー』の乱れです


通常、肌は新しい細胞が押し上がり、肌表面にある古い角質が剥がれ落ちる・・・
というサイクルを繰り返しています
ところが、乾燥などが原因でターンオーバーが乱れると、
古い角質が剥がれ落ちずに皮膚に表面に蓄積されていきます


その結果、余分な皮脂が排出されずに毛穴に溜ってしまい、ニキビの原因となります


乾燥以外にも、過度のストレスや睡眠不足などの生活習慣の乱れも、
ターンオーバーが乱れる一因です


また、ホルモンバランスも関係があり、女性の場合、月経前のホルモンの変化によって
ニキビが出来やすくなります


口周りやフェイスラインなどのUゾーンが出来やすい場所です




ニキビや吹き出物を防ぐには?

ニキビも吹き出物も、過剰な皮脂が毛穴に溜ることが原因なので、
皮脂が増えすぎないようにすることと、肌を清潔に保つことです


ただし、皮脂が増える原因に違いがあるため、予防法には少し違いがあります



思春期のニキビの予防法

皮脂の過剰な分泌が原因のため、洗顔などで肌を清潔に保つと共に、
あぶらとり紙などで過剰な皮脂を取り除く様にしましょう


また、油っぽい食事は控えるようにしましょう



吹き出物(思春期後挫創)の予防方法

普段のスキンケアで乾燥を防ぐようにしましょう
洗顔は皮脂を落としすぎないように洗顔料を泡立てて優しく洗い、1日2回まで。
洗顔後は、しっかりと保湿をしましょう


他にも、
・睡眠を十分に確保する
・偏った食事をしない
・ストレスを発散する 
・寝具をこまめに洗う  など
日々の生活を見直すことも忘れないようにしましょう




自分の肌の状態を確認し、スキンケアや生活習慣を見直してみましょう
治りにくい場合や炎症・化膿がひどいかったり、跡を残したくない場合は、
皮膚科で相談してみましょう



【参考】
公益社団法人 日本皮膚科学会『皮膚科Q&A』
https://www.dermatol.or.jp/qa/index.html

 カテゴリ
 タグ

★乾燥肌で悩み続けているあなたへ・・・★★

yjimage.jpg



★乾燥肌で悩み続けているあなたへ・・・★★

保湿力重視でつくられたナノ(1角層まで)浸透オールインワンゲル誕生

2017年モンドセレクション金賞受賞
CREAL(クレアル)

1本で5役(化粧水・乳液・クリーム・美容液・パック)
美容皮膚科医推奨製法
お客様満足92.3%(アンケート実施期間2016/11/14〜11/26)




こんなお悩みはありませんか?

・肌がカサカサしていて弾力がない・・・
・皮脂トラブルが目立ってきた
・顔が乾燥して痒いときがある
・顔色がくすんでいる
・保湿してもすぐ潤いが逃げてしまう


その原因は・・・
保湿成分が角質層にまでしっかり浸透していないことにあるかもしれません




なぜ、保湿成分が浸透しないのでしょうか?

保湿成分の浸透力には粒子サイズが深く関係しています
粒子サイズが大きいと、保湿成分は皮脂膜にとどまり、角質層まで届きません
浸透しなければ、どんなに良い成分も無意味になるのです



人は年齢を重ねるにつれ肌の水分量と皮脂量が減るので、
「潤いの浸透力」が重要になっていきます
40代になって急に感じる「乾燥」は年齢と共に、
徐々に失われる水分と皮脂量の減少にも原因があります





肌に潤いを導く『超高圧乳化法』

170330_PC_creal15_c08tokuchou_006.jpg

角質層にまで保湿成分を届ける・・・
これを実現したのが『超高圧乳化法』という製法で、
ナノスケールにまで微細化することで、皮膚浸透性が優れ、
成分を角質層の奥深くまで届けることが可能になりました


また、この製法はゲルの伸びがよくなるので、肌への摩擦が軽減されるため、
敏感肌の方でも安心して使えます







皮脂トラブルに8つの重大要因

皮脂トラブルが起きる8大要因には、直接肌に関係がない事も・・・

・生活習慣
・ストレス
・皮脂
・乾燥
・毛穴
・老廃物
・肌質
・睡眠不足

これらを予防するには、肌のケアだけではなく、
体の内側からも出来にくい状態にすることが大切です




皮脂トラブルから導き出された6つの有効成分を配合

・フィトスフィンゴシン
 過剰な皮脂を除去し、清浄効果で肌を整えてくれます

・ビサボロール
 肌荒れを防止し、皮膚を保護する働きがあります

・フラーレン
 優れた保湿効果で肌に潤いとハリを与え、ツヤのある肌に導きます

・ビタミンC誘導体
 肌のコンディションを整え、コラーゲンをサポートする働きがあります

・アーティチョーク葉エキス
 毛穴を洗浄し、肌を引き締め、ハリと弾力を与えてくれます

・ローズエキス
 老廃物や紫外線による肌のダメージを防ぐと共に、くすみの肌へ



ご興味のある方は併せてご覧ください
http://creal-gel.jp/user_data/creal.php?ad=20160805175715169

参考動画はコチラカラ
https://youtu.be/ZukGYuKE_90
 カテゴリ
 タグ

【夏を制する者はたるみを制す!】

yjimageOZF3EQPI.jpg



【夏を制する者はたるみを制す!】

暑い夏こそ一発逆転!
この時季、暑くてスキンケアは億劫ですよね?
「夏はさっぱりローションだけ」という方は要注意です



スペード夏はたるみ解消ケアに絶好の季節

夏は紫外線や乾燥によるダメージで、たるみが進行しやすい季節と言われていますが、
実は、夏ならではのメリットもあります


たるみ解消には、たるみの原因となる体内に蓄積された老廃物を排出し、
必要な栄養や水分を与え、ターンオーバーを整えることです
すなわち体内のリンパの流れと血行を促進することが大切になります


こうした血液やリンパ液は、気温が低いと体内の臓器を守ろうと中心に集まりやすく、
身体の表面や末端では滞りやすくなります
逆に気温が高ければ血液は全身に行き渡り、リンパ液の流れも促進されます


たるみの原因となる老廃物を排出しやすい夏は絶好の季節なのです♪




スペード知らないと損をする!たるみ解消スキンケア4箇条

加齢による自然老化より恐ろしいと言われているのが、
紫外線ダメージによる光老化です
自然老化よりもたるみや、くっきりとしたシワが後になって刻まれる事になります



また、日頃からUV対策に気をつけている方でも、
陥りやすいのが『夏の肌の乾燥』です
屋外で汗をかいた後に、冷房や扇風機の風に当たると、急激に水分が奪われます


すると、肌が生まれ変わるターンオーバーのサイクルが乱れたり、
インナードライの原因にもなります
すると、『負のスパイラル』から中々抜け出すことが出来ません

il02.png


それを踏まえて、夏ならではのスキンケアを4つご紹介しましょう




夏は血行を促進するマッサージの効果が加速度的にアップする

気温が高い夏は、肌の老廃物を排出しやすいため、マッサージの効果が出やすく、
お手入れ次第でたるみ解消も期待できます


一方、紫外線やエアコンなどで肌が乾燥しているので、
たっぷりの水分を補って、肌の奥から潤すことが必要です


夏の暑さで「マッサージが面倒」という方は、美顔器を使えば、
短時間で楽にケアを行うことが出来ます
このひと手間を加えることで、代謝がグンと上がり、
長く滞ったターンオーバーの周期を正常に戻す手助けになります




たっぷりの水分補給で、インナードライを引き起こすサイクルを元から断つ

夏によく見られるのが、肌の表面などは皮脂などでしっとりしているのに、
肌内部は乾燥しているというインナードライ
水分補給を怠っていると、インナードライのスパイラルに陥ってしまいします


スパイラルを断つには、内外がしっかり潤っている肌を目指すことです
毛穴目立ちがあれば、乾燥のサインなので見逃さずに


特に冷房などで肌の水分が蒸発しやすいこの時季は、
いつもより多いくらいの水分補給を心がけましょう
普段のお手入れに加えて、パックなどで密閉して浸透させるケアも効果的です


また、肌だけではなく、こまめに水分を摂り、体にも水分を取り入れて、代謝を促しましょう




肌に溜った古い角質をしっかり落として、水分を吸収しやすい肌にする

血行が良くなる夏でも、紫外線ダメージから肌を守る為に、
肌表面の角層が厚くなり、肌が生まれ変わるスピードが鈍ります


肌表面が肥厚すると、どんなに水分や美容成分を与えても、
肌の奥まで浸透しにくくなってしまします
目指したいのは、ターンオーバーが整った浸透しやすい肌


そんな肌には、古い角質を落とすピーリングがおすすめです
肌にのせて、くるくるマッサージしながら落とすものや、
肌に塗布するだけでケアが出来る優しいタイプのものもあります
肌の状態に合わせ、定期的にケアをしましょう



光老化の原因となるUVケアで徹底的にブロックする

yjimageQTFEVFH7.jpg

たるみを招く要因の約8割を占める光老化を防ぐためには、
紫外線を出来るだけ浴びないように工夫することが大切です


朝はメイクの前に日焼け止めを塗り、外出時は日傘をはじめ、帽子や手袋、
サングラス、塗り直し用の日焼け止めなどのUV対策アイテムを持参しましょう


紫外線の中でも波長が長いA波は、雲や窓ガラスも通り抜け、
肌の真皮にダメージを与えるほどの威力があります
家の中でも油断せず、必ず日焼け止めを塗りましょう


また、夜は日焼け止めをしっかり落とし、たっぷりの水分補給を忘れずに♪



 カテゴリ
 タグ
Copyright © アラフォーのための健康と美容に役立つ総合情報! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます